>>【ただいまアクセス急上昇】矢沢心さん東尾理子さんも著書で語るほど実感した、妊娠したい人に必ず必要なものとは?<<


卵管造影検査後に妊娠しやすくなるって本当?妊娠確率が上がる理由

  • LINEで送る

卵管造影検査後に妊娠しやすくなるって本当?妊娠確率が上がる理由

※ひよこいキャンパスは、多嚢胞性卵巣症候群の不妊治療による妊活を経験した妻のひよこいがナビゲートします♪


こんにちは!多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の不妊治療による妊活をしていた、ひよこいです。

あなたは、子宮卵管造影検査後は妊娠確率が上がる理由についてご存知でしょうか?


卵管造影検査は、卵管に詰まりがないかを診察する検査です。


卵管造影検査後には妊娠しやすくなる・・・


そんなお話を聞いたことがありませんか?

実はこの話は本当なんです。

ここではなぜ卵管造影検査後は妊娠する確率が上がるのか、その理由について解説していきます。


それではひよこいキャンパス、不妊治療の教室「卵管造影検査後に妊娠しやすくなるって本当?妊娠確率が上がる理由」のはじまりです!

ひよこいキャンパス開始のチャイム

スポンサーリンク

卵管造影検査後に妊娠しやすくなるのはなぜ?

卵管造影検査後に妊娠しやすくなるのはなぜ?

卵管造影検査とは、子宮の中に風船のようなものが付いた細い管を入れるところから始まります。


管を子宮内に挿入した後に風船を膨らまし、子宮の出入り口をふさぎます。その後、造影剤と呼ばれる検査用の液体を子宮の中に入れていきます。

そうすることで、後で撮影するレントゲン写真で子宮や卵管の状態をきちんと撮影することが出来るからです。


卵管造影検査後に妊娠しやすくなるのは、実はこの造影剤が理由になります。

卵管は卵子の通り道ですので、卵管が詰まっていると道をふさがれてしまい、せっかくタイミング法などでタイミングを合わせても精子に出会うことが出来ません。


しかし、卵管造影検査で卵管に造影剤をいれることで、卵管のなかのつまりの原因である癒着物がはがれてくれて結果的に卵管が綺麗になるのです。

卵管造影検査は、卵管の状態を観察するための検査ではありますが、検査の過程で卵管が綺麗になるので、治療の側面を持っています。


だから、卵管造影検査後に妊娠しやすくなるのです。


スポンサーリンク

卵管造影検査後の6ヶ月間は妊娠確率が高い!チャンスを逃さないで!

卵管造影検査後の6ヶ月間は妊娠確率が高い!チャンスを逃さないで!

卵管造影検査後には、卵管が綺麗になっているので妊娠確率があがります。

検査後6ヶ月間はゴールデン期間と呼ばれるほど、妊娠確率が高く、特に検査後最初の3ヶ月間は妊娠する人がとても多いので、この時期には積極的にタイミングを合わせるようにしましょう。


卵管造影検査後に妊娠した人の体験談を3例ご紹介


卵管造影検査後に妊娠した!という人はとてもたくさんいますが、実際に妊娠した人の感想を見てみるとかなり実感が湧くと思います。


子宮卵管造影検査をしたとき若干の痛みはありましたが異常なしでした。でも通りが良くなったのかそのあと3カ月くらいで妊娠しました。もっと早くすればよかったと思いましたよ。

引用元:(komachi.yomiuri.co.jpより)


子宮卵管造影検査は、痛いという噂をよく聞くので怖いという人も少なくありません。でもたいした痛みではなく、おまけに直後に妊娠できたという人も少なくありません。

まさにもっと早く受けておけばよかったという想いですよね。案ずるより産むが易しですね。


一年半ほど妊娠しなかったので不妊治療を始めました。血液検査など異常なし。最後に子宮卵管造影検査を受けて、「通ってますねー」と言われたものの検査中はすっっごく痛くて最後まで造影剤を入れられませんでした…。なのでもしかしたら詰まっていたのが通ったのかもしれません。
排卵検査薬でタイミングを取りつつ、造影後の次の次のタイミングで妊娠しましたよ。

引用元:(komachi.yomiuri.co.jpより)


なかには、とても痛かったという人もいらっしゃいます。しかし、あまりに痛いときは途中で中止してもらえます。

中止した人でも、途中まで入れた造影剤のおかげか、直後に妊娠できたという人もいらっしゃるのは励みになりますね。


現在妊娠5ヶ月の36歳です。私も今年の7月に卵管造影検査を受け、異常なしと診断されました。
そしてすぐ妊娠しました!
医師ではないので、何故異常なしだったのにすぐ妊娠できたか、正確な理由は分かりませんが、検査中、造影剤の流れがゆっくりに見えたので、少しつまりがあって、それを造影剤が通りを良くしてくれたのかな?と、勝手に解釈してます。

引用元:(komachi.yomiuri.co.jpより)


卵管造影検査の結果、以上なしという人でも直後に妊娠する人も多いです。

詰まりはなかったけれど、造影剤を入れたおかげで卵管がより綺麗に通りやすくなったのかもしれませんね。検査そのものが妊娠率を上げることに繋がるのは嬉しいですよね。


卵管造影検査の直後に妊娠することはある?レントゲン撮影の放射線の影響リスクは大丈夫?

卵管造影検査の直後に妊娠することはある?レントゲン撮影の放射線の影響リスクは大丈夫?

卵管造影検査では多くの場合、レントゲン撮影をおこないます。一度で複数枚のレントゲンをとるので、なかにはX線による放射線を浴びても妊娠に影響がないのかを心配になる人もいます。


よく、造影検査というと、「レントゲン(放射線)を使って心配ないのですか?」という質問を受けますが、この検査で用いられる放射線量は、何十回おこなっても大丈夫なレベルのものですので心配いりません。

引用元:(こまえクリニックより)


卵管造影検査で浴びたX線は、妊娠には影響がありません。とても微弱なものなので影響リスクを考える必要がないほどなのです。


とはいえ、人間ですからやはり放射線と言う言葉には敏感になりがちです。

一般に卵管造影検査を生理後から排卵前までの時期に限定しておこなうのは、生理中は検査の過程で血液が逆流してしまうのを防ぐため、排卵期に避けるのは、心配のないレントゲン撮影でも最新の注意を払って、念のため卵子もしくは受精卵に影響を及ぼさないように排卵期をさけているのです。

卵管造影検査でのレントゲン撮影は何も心配する必要はないですし、更により心配しなくても大丈夫な時期に検査をするので、影響を心配する必要はないのです。


スポンサーリンク

卵管造影検査後なのに、妊娠しないのはなんで?

卵管造影検査後なのに、妊娠しないのはなんで?

卵管造影検査後なのに、タイミングをいくらあわせても妊娠しない・・・

そういう時まず心に留めておきたいのは、どれだけ健康な状態でも精子と卵子が出会って妊娠することが出来るのは1周期あたりせいぜい20%程度ということ。


6ヶ月間しっかりとタイミングをあわせつづけて、ようやく1回妊娠検査薬が反応する、そのぐらいの確率です。


卵管造影検査後、最初の1,2ヶ月で妊娠できなくて焦ってしまう気持ちが出るのは自然なことですが、焦らず慌てずに、少なくても検査前よりも妊娠しやすい状態にはなっているというのをイメージした上で、前向きに妊活することが大切です。


あんまり思いつめすぎるとストレスで排卵しなくなる、、、なんてことも起こりうるからです。



卵管造影検査後は、おおむね半年を目安でタイミングを計ってみて、それでも妊娠に至らない場合は、卵管以外の原因も探っていきながら、妊娠を目指していきます。

卵管は通っていて精子と卵子が出会って受精卵になれていても、子宮内膜に着床できていないから、妊娠が成立しないことや、夫側の精子の運動量が低いことが原因だった、なんてこともあります。

どれかひとつが掛けているだけで、妊娠率は下がりますので卵管造影検査後のゴールデン期間を活かすためにも、特にこの期間は自分でできることは積極的に取り組むことが妊娠への近道になります。

思い悩まず、気楽に、そして出来ることは積極的に取り入れる。


そんなスタンスでいるときっといい結果が出るはずです。


子宮卵管造影検査後は妊娠確率が上がる理由のまとめ

子宮卵管造影検査後は妊娠確率が上がる理由のまとめ

子宮卵管造影検査は、卵管の詰まりを診察する検査ですが、その検査で使用する造影剤のおかげで妊娠確率が上がります。

造影剤を卵管に入れることで、卵管の中が綺麗になり、排卵に適した卵管環境が整いやすくなるからです。

子宮卵管造影検査後6ヶ月間は、特に妊娠しやすくなりますのでこのチャンスを積極的に活用して前向きに妊活に取り組んでいきましょう。



子宮卵管造影検査後は妊娠確率が上がる理由のまとめ

  1. 卵管に造影剤を入れることで、卵管が綺麗に掃除されて妊娠しやすくなる
  2. 検査後6ヶ月間は、ゴールデン期間と言われるほど妊娠確率UP!

「子宮卵管造影検査後は妊娠確率が上がる理由」の補習は以上になります。最後に子宮卵管造影検査をして妊娠できた私が妊娠するために大切にしていたことをお話します♪


さいごに…子宮卵管造影検査で妊娠を目指すなら、間違った葉酸サプリを飲まないことが大切です

最後に少しだけお話しするのが、子宮卵管造影検査で妊娠を目指す人には知っておいて頂きたい、葉酸サプリについてです。

妊活で一番重要視しなければいけないのは、赤ちゃんが元気に生まれてきてくれる準備をすることですが、これから授かる赤ちゃんが元気に生まれてくるために大切なのは、葉酸サプリをしっかり飲む事だってご存知でしたか!?

真剣に妊娠を目指している方なら、既に葉酸サプリの重要性をご存知かと思いますので、飲んでいない人はおそらくいらっしゃらないはずですが、葉酸サプリは妊娠したい女性は積極的に摂取するようにと、厚生労働省が勧告をしているくらい重要なもので、これだけは最低限はじめたほうがいいものなんです。

諸外国でも日本においても神経管閉鎖障害のリスク低減の観点からは、食事からの葉酸に加えて栄養補助食品からの葉酸を摂取するよう勧告されています。

引用元:葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果(厚生労働省運営のe-ヘルスネットより)

というのも・・・葉酸サプリを妊娠前から積極的に摂取しておくだけで、赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを72%も軽減してくれるんです。

妊娠したいと思ったら、一番最初に始めたほうがいいのが葉酸サプリをしっかり飲むこと。子供を授かってからでは遅いんです。子供が欲しいと思ったときが葉酸サプリを飲み始めるのに最も適したタイミングなんです。

それだけではありません。

葉酸は子宮内膜を厚くしてくれて、妊娠しやすい身体作りをサポートしてくれます。そのような背景があり、国だけでなく妊娠のプロである不妊治療の専門医の先生達も、葉酸サプリは妊娠したいなら必ず摂取するように呼びかけているんです。

葉酸は子宮内膜の強化や受精卵を作って守るという子宮内環境を良くする効果があります。葉酸は、不妊治療中の女性のみでなく、男性にも飲んで頂きたいサプリメントです。葉酸が不足していると精子の染色体に異常が起こる確率が高くなると言われています。

参考元:体外受精・顕微授精の不妊治療専門 とくおかレディースクリニック

葉酸は妊娠を考えはじめた時から服用しましょう。

参考元:浅田レディース名古屋駅前クリニック

葉酸は子宮内膜を厚くして妊娠しやすくしてくれ、妊娠後の赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを72%も軽減してくれるもので、現在では不妊治療の専門医だけでなく、国も「妊娠したい人は積極的に」葉酸サプリを摂取するように勧告しています。それだけ葉酸サプリというのは、妊娠したいと思う人にとっては最重要なものなのです。

葉酸は子宮内膜の強化や受精卵を作って守るという子宮内環境を良くする効果があります。葉酸は、不妊治療中の女性のみでなく、男性にも飲んで頂きたいサプリメントです。葉酸が不足していると精子の染色体に異常が起こる確率が高くなると言われています。

参考元:体外受精・顕微授精の不妊治療専門 とくおかレディースクリニック

子宮卵管造影検査後で妊娠しやすくなるゴールデン期間に、妊娠を目指すあなたに、是非大切にして欲しいこと。

それは「排卵したチャンスを逃さない」ことです。

排卵しても着床しなければ妊娠は出来ません。着床するには子宮内膜がふかふかな状態になっていなければいけないのです。

妊活中の人は日頃から葉酸サプリをきちんと摂取して子宮内膜をふかふかにしておくことを忘れないようにしてください。これから出会える赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減するためにも、子宮内膜のためにも、妊娠したいと強く願う方にとっては葉酸サプリは何より重要なもののひとつになってきます。

不妊治療も欠かさず葉酸を摂取していた私は、現在では幸いにも妊娠出産し元気な赤ちゃんを授かることができましたが、葉酸サプリはただ飲めばいいわけではありません。

妊娠するために最適な葉酸サプリを飲まなければ意味がないのです。

もしも、いま飲んでいらっしゃる葉酸サプリを真剣に選んでいなかった方、もしくは実はまだ葉酸サプリを飲んでいなかった・・・という方は実際に不妊治療をして出産できた私が妊娠するのに大切だと実感した葉酸サプリの選び方をご覧いただければと思います。選び方だけではなく、不妊治療中、私が実際に飲んでいた葉酸サプリについても少しだけお話しています。



ひよこいキャンパス終了のチャイム

※ひよこいキャンパスは、妻のひよこいが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の不妊治療による妊活中の経験から学んだことをもとに作られています。みなさんの判断のもとご参考にして頂ければ幸いです。

  • LINEで送る
葉酸サプリの教室ただいま開講中

1 / 11

このページの先頭へ