「不妊治療の教室」タグの記事一覧

スポンサーリンク

【子宮卵管造影検査まとめ】妊娠したい人が検査前に知っておきたい9つのこと

【子宮卵管造影検査まとめ】妊娠したい人が検査前に知っておきたい9つのこと

子宮卵管造影検査は何を調べる検査?いつ受ければいいの?痛みは?費用は?卵管造影検査を受ける前に知っておきたいポイント9つをまとめました。

子宮卵管造影検査の時期はいつ?生理中と排卵時期を避けるべき理由

子宮卵管造影検査の時期はいつ?生理中と排卵時期を避けるべき理由

子宮卵管造影検査を受けて妊娠率を少しでも上げたいときは、生理開始後から7日目から10日目の間に検査を受けるのがベストタイミングです。生理中は血液の逆流を避けるため、排卵時期は、レントゲンから出る微弱の放射線の影響を避けるために検査はおこなわないのが一般的です。

子宮卵管造影検査は痛いから怖い!?痛みの過度な心配はしないで!

子宮卵管造影検査は痛いから怖い!?痛みの過度な心配はしないで!

子宮卵管造影検査で痛みを感じるのには原因があります。主な原因は卵管に詰まりがある場合。また、医師の技術によっても痛みの程度が変わると言われています。痛いと思ったら全然痛くなかったという人も少なくないので、あまり怖がりすぎないようにしましょう。子宮卵管造影検査の痛みについて詳しく解説します。

卵管造影検査後に妊娠しやすくなるって本当?妊娠確率が上がる理由

卵管造影検査後に妊娠しやすくなるって本当?妊娠確率が上がる理由

子宮卵管造影検査は、卵管の詰まりを診察する検査ですが、その検査で使用する造影剤のおかげで妊娠確率が上がります。造影剤を卵管に入れることで、卵管の中が綺麗になり、排卵に適した卵管環境が整いやすくなるからです。卵管造影検査後に妊娠しやすくなる理由について詳しく紹介してきます。

子宮卵管造影検査の6つの副作用。造影剤アレルギーが原因で起こる副作用も

子宮卵管造影検査の6つの副作用。造影剤アレルギーが原因で起こる副作用も

子宮卵管造影検査で起こる副作用は、検査の過程で起こる副作用と、使用する造影剤が原因で起こる副作用があります。いずれも発症頻度は極稀ですので、あまり心配しすぎないようにしましょう。子宮卵管造影検査後、万一具合が悪くなった際には、病院に相談することは忘れずに。子宮卵管造影検査の6つの副作用についてのまとめ

ルトラールで基礎体温が高温期に上がらないのはなぜ?

ルトラールで基礎体温が高温期に上がらないのはなぜ?

ルトラールは黄体ホルモンを補充する薬で、直接基礎体温を高温にする効果は持っていませんが、ホルモンバランスが整い、結果として正常に高温期になりやすくなります。ルトラールと体温についてのお話です。

ルトラールを飲み忘れたらどうすればいいの?

ルトラールを飲み忘れたらどうすればいいの?

ルトラールを1回飲み忘れたとしても、その周期の効果が全くなくなるわけではありません。飲んだ分は効いているので、あまり心配せずに過ごしましょう。ルトラールを飲み忘れたときの対処法を解説!ただし、体外受精時は飲み忘れに要注意!

ルトラールで生理がこない!遅れるのはなぜ?

ルトラールで生理がこない!遅れるのはなぜ?

ルトラールで生理が来ない、もしくは遅れるのは、ルトラールを飲む目的に応じて意味合いが異なります。ルトラールを飲む目的ごとに生理が来ない!遅れる理由についてお話します。

ルトラールの副作用と効果!太るのも眠気も副作用?

ルトラールの副作用と効果

ルトラールは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が不足がちな人でも体内の黄体ホルモンを充実させて、着床しやすい状態及び、着床後に妊娠が維持しやすい状態にしてくれます。副作用と効果についてのお話です。

無排卵月経の症状と基礎体温の特徴は?原因と治療法

無排卵月経の症状と基礎体温の特徴は?原因と治療法

無排卵月経は生理はくるのに排卵していない症状のことで、基礎体温が高温期と低温期に分かれにくい特徴があります。無排卵月経の症状と原因、治療法について無排卵月経だったひよこいが解説!

1 / 212
スポンサーリンク

このページの先頭へ