【子宮卵管造影検査まとめ】妊娠したい人が検査前に知っておきたい9つのこと

【子宮卵管造影検査まとめ】妊娠したい人が検査前に知っておきたい9つのこと

子宮卵管造影検査は何を調べる検査?いつ受ければいいの?痛みは?費用は?卵管造影検査を受ける前に知っておきたいポイント9つをまとめました。

子宮卵管造影検査の時期はいつ?生理中と排卵時期を避けるべき理由

子宮卵管造影検査の時期はいつ?生理中と排卵時期を避けるべき理由

子宮卵管造影検査を受けて妊娠率を少しでも上げたいときは、生理開始後から7日目から10日目の間に検査を受けるのがベストタイミングです。生理中は血液の逆流を避けるため、排卵時期は、レントゲンから出る微弱の放射線の影響を避けるために検査はおこなわないのが一般的です。

子宮卵管造影検査の費用は?助成金の対象になるケースも!

子宮卵管造影検査の費用は?助成金の対象になるケースも!

子宮卵管造影検査の費用は5000円~2万円前後です。一部の市区町村では、一般不妊治療助成制度として、半額から全額の助成金が支給されるケースもありますので、検査前にお住まいの地域のホームページを調べてみるようにしましょう。

子宮卵管造影検査は痛いから怖い!?痛みの過度な心配はしないで!

子宮卵管造影検査は痛いから怖い!?痛みの過度な心配はしないで!

子宮卵管造影検査で痛みを感じるのには原因があります。主な原因は卵管に詰まりがある場合。また、医師の技術によっても痛みの程度が変わると言われています。痛いと思ったら全然痛くなかったという人も少なくないので、あまり怖がりすぎないようにしましょう。子宮卵管造影検査の痛みについて詳しく解説します。

卵管造影検査後に妊娠しやすくなるって本当?妊娠確率が上がる理由

卵管造影検査後に妊娠しやすくなるって本当?妊娠確率が上がる理由

子宮卵管造影検査は、卵管の詰まりを診察する検査ですが、その検査で使用する造影剤のおかげで妊娠確率が上がります。造影剤を卵管に入れることで、卵管の中が綺麗になり、排卵に適した卵管環境が整いやすくなるからです。卵管造影検査後に妊娠しやすくなる理由について詳しく紹介してきます。

子宮卵管造影検査の6つの副作用。造影剤アレルギーが原因で起こる副作用も

子宮卵管造影検査の6つの副作用。造影剤アレルギーが原因で起こる副作用も

子宮卵管造影検査で起こる副作用は、検査の過程で起こる副作用と、使用する造影剤が原因で起こる副作用があります。いずれも発症頻度は極稀ですので、あまり心配しすぎないようにしましょう。子宮卵管造影検査後、万一具合が悪くなった際には、病院に相談することは忘れずに。子宮卵管造影検査の6つの副作用についてのまとめ

妊娠初期の安全腹痛と流産兆候の危険腹痛の判断方法

妊娠初期の安全腹痛と危険腹痛

妊娠初期におこる腹痛には安全腹痛と危険腹痛が存在します。安全腹痛は妊娠初期に起こる特有の症状で心配は要りません。危険腹痛は流産の可能性を伴う腹痛と子宮外妊娠の可能性が。妊娠初期の危険腹痛を5つのポイントで解説します!

大阪府東大阪市小阪産病院の不妊治療、不妊外来口コミ

大阪府東大阪市小阪産病院の不妊治療、不妊外来口コミ

大阪府東大阪市近辺で初めて不妊外来や不妊治療の相談に行こうと思っている方のために、先輩ママたちの詳しい口コミ体験談をご紹介。

千葉県柏市中野レディースクリニックの不妊治療、不妊外来口コミ

千葉県柏市中野レディースクリニックの不妊治療、不妊外来口コミ

千葉県柏市近辺で初めて不妊外来や不妊治療の相談に行こうと思っている方のために、先輩ママたちの詳しい口コミ体験談をご紹介。

東京都文京区東京大学医学部付属病院の不妊治療、不妊外来口コミ

東京都文京区東京大学医学部付属病院の不妊治療、不妊外来口コミ

東京都文京区近辺で初めて不妊外来や不妊治療の相談に行こうと思っている方のために、先輩ママたちの詳しい口コミ体験談をご紹介。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ