>>【ただいまアクセス急上昇】矢沢心さん東尾理子さんも著書で語るほど実感した、妊娠したい人に必ず必要なものとは?<<


東京都世田谷区陣内ウィメンズクリニックの不妊治療、不妊外来口コミ

  • LINEで送る

東京都世田谷区陣内ウィメンズクリニックの不妊治療、不妊外来口コミ

※ひよこいキャンパスは、多嚢胞性卵巣症候群の不妊治療による妊活を経験した妻のひよこいがナビゲートします♪

ひよこいキャンパスでは、全国の不妊外来の口コミ体験談をご紹介しています。これから不妊外来に行こうと考えている方はよろしければ参考になさって下さいね♪

ニックネームspreadさんから、お寄せいただいた東京都世田谷区陣内ウィメンズクリニックの不妊外来の口コミ体験談をご紹介します。


スポンサーリンク

どちらの不妊外来を利用して、不妊治療をしましたか?

東京都世田谷区陣内ウィメンズクリニックの不妊外来

住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-40-5 自由が丘JWCビル
電話番号:03-3722-2255
URL:http://jinnai-womens.com/


東京都世田谷区陣内ウィメンズクリニックの不妊外来にいつごろ来院され不妊治療を始めましたか?

2013年10月


その後、妊娠できたのはいつごろでしたか?

2015年8月


東京都世田谷区陣内ウィメンズクリニックの不妊外来を利用し不妊治療をした理由を教えてください。

陣内ウィメンズクリニックに通う前は、無排卵の治療で近所の婦人科にかかっていました。クロミッドを飲んでも効果がなかったため、本格的な治療ができる専門のクリニックを通える範囲で探しました。

その中で、陣内先生はとても優しい人柄であり、患者の話をよく聞いてくれるという口コミや、妊活をポジティブに行うことを大切にしていることを知り、このクリニックを選びました。

自宅と職場の中間にあったので、勤務後に通いやすかったことも決めた理由のひとつです。


スポンサーリンク

東京都世田谷区陣内ウィメンズクリニックの不妊外来ではどのような不妊治療をおこないましたか?

不妊の原因が無排卵だったので、HMG製剤の自己注射を連日行いました。最初はタイミング法から開始し、半年後に人工授精をやり始めました。

しかし、HMG製剤は少ないと卵胞が育たず、多いと卵胞ができ過ぎてしまい、どちらの場合もその周期はピルでリセットし、見送るしかありませんでした。なかなか排卵までいかないため、主治医の陣内先生が体外受精を薦めました。最初は主人が渋っていましたが、先生の説明を受けて挑戦を決意しました。

主人の精子は問題なかったため、通常の体外受精を行い、2度目の胚盤胞移植(ホルモン補充周期)で妊娠しました。


東京都世田谷区陣内ウィメンズクリニックの不妊外来でおこなった不妊治療の診療費はいくら位でしたか?

120万円


スポンサーリンク

東京都世田谷区陣内ウィメンズクリニックの不妊外来での不妊治療の体験談と感想を教えてください。

陣内ウィメンズクリニックは、2014年に新しく移転したきれいでおしゃれな建物で、患者さんがリラックスできるような造りになっています。待ち時間には、設置されているiPadを使用することができたり、キャンディーや飲み物が自由にいただけます。飲み物は、妊活に配慮したカフェインフリーのハーブティーの種類が多く、うれしいポイントでした。

都内でも有名なクリニックのひとつですので、待ち時間は長いです。平日午前中でも1時間以上、平日の夕方や休日は2~3時間待ちます。たいていの場合は、予約時間に来院した後、みなさん外出します。

私も待ち時間はよく外出し、自由が丘の散策を楽しんだり、遊歩道のベンチでランチを食べたりしていました。長い待ち時間は、不妊治療の大敵であるストレスとなるので、なるべく外でリラックスして過ごすように心がけました。

陣内先生も看護師や受付のスタッフのみなさんもとてもフレンドリーで温かみのある病院でした。

特に陣内先生はいつも元気で明るく、診察室に入ると「はーい、こんにちはー」とあいさつをしてくださり、つらい治療の中にあってもいつも励まされました。うまくいかない周期が続くときも常にポジティブでした。

そして、とにかくよく患者の話を聞いてくれます。患者の意向を組んでくれ、納得してから治療を始めてくれます。私たち夫婦の場合、体外受精に進む際はとても迷いました。主人は挑戦することが怖いようでした。

しかし、先生が何度もよく話を聞き、体外受精を薦める理由をわかりやすく説明してくださり、治療を決意できました。

体外受精は、連日の自己注射がつらかったのですが、看護師さんがよく元気づけてくれました。採卵はとても緊張しました。先生も看護師さんもリラックスするように気を使ってくれて感謝しています。10個もの卵子がとれ、うち5個が授精し、4個は胚盤胞になってくれました。

体外受精に進んで最初の新鮮胚移植は残念ながら陰性でした。痛い思いをして、高額な料金も払ってダメだったことはとてもこたえました。しかし、2回目の胚盤胞移植で無事に授かりました。

私には陣内ウィメンズクリニックがとても合っていたのだと思います。妊娠して卒業するときは、少しさみしかったです。不妊治療においては、病院の技術もさることながら、主治医との相性も大切だと感じました。


通院以外に、妊娠のためにご自身で取り組んでいたことやどんなサプリを飲んでいたかについて教えてください。

まず、ひどい冷え性だったので、その改善に努めました。体を温める食べ物であるショウガや根菜類を多くとるようにしました。食事には、必ず温かいスープやみそ汁を飲みました。

夏でも、靴下と腹巻は欠かしませんでした。また、毎晩必ず半身浴し、お風呂上りにはストレッチやヨガで血行をよくしました。冬場には、東尾理子さんおすすめの湯たんぽブーツを愛用していました。

そして、夫婦でのウォーキングも行っていました。運動不足解消やリラックス効果があります。夫婦で子供ができたらしたいことを語りながらの散歩はよい気分転換になりました。治療のことについても意見を交換し合えてよかったです。


体験談は以上になります。最後に不妊治療を経て妊娠出産できた私が妊娠するために大切にしていたことをお話します♪


さいごに…これから本気で妊娠を目指すなら、間違った葉酸サプリを飲まないことが大切です

最後に少しだけお話しするのが、これから本気で妊娠を目指す人には知っておいて頂きたい、葉酸サプリについてです。

妊活で一番重要視しなければいけないのは、赤ちゃんが元気に生まれてきてくれる準備をすることですが、これから授かる赤ちゃんが元気に生まれてくるために大切なのは、葉酸サプリをしっかり飲む事だってご存知でしたか!?

真剣に妊娠を目指している方なら、既に葉酸サプリの重要性をご存知かと思いますので、飲んでいない人はおそらくいらっしゃらないはずですが、葉酸サプリは妊娠したい女性は積極的に摂取するようにと、厚生労働省が勧告をしているくらい重要なもので、これだけは最低限はじめたほうがいいものなんです。

諸外国でも日本においても神経管閉鎖障害のリスク低減の観点からは、食事からの葉酸に加えて栄養補助食品からの葉酸を摂取するよう勧告されています。

引用元:葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果(厚生労働省運営のe-ヘルスネットより)

というのも・・・葉酸サプリを妊娠前から積極的に摂取しておくだけで、赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを72%も軽減してくれるんです。

妊娠したいと思ったら、一番最初に始めたほうがいいのが葉酸サプリをしっかり飲むこと。子供を授かってからでは遅いんです。子供が欲しいと思ったときが葉酸サプリを飲み始めるのに最も適したタイミングなんです。

それだけではありません。

葉酸は子宮内膜を厚くしてくれて、妊娠しやすい身体作りをサポートしてくれます。そのような背景があり、国だけでなく妊娠のプロである不妊治療の専門医の先生達も、葉酸サプリは妊娠したいなら必ず摂取するように呼びかけているんです。

葉酸は子宮内膜の強化や受精卵を作って守るという子宮内環境を良くする効果があります。葉酸は、不妊治療中の女性のみでなく、男性にも飲んで頂きたいサプリメントです。葉酸が不足していると精子の染色体に異常が起こる確率が高くなると言われています。

参考元:体外受精・顕微授精の不妊治療専門 とくおかレディースクリニック

葉酸は妊娠を考えはじめた時から服用しましょう。

参考元:浅田レディース名古屋駅前クリニック

葉酸は子宮内膜を厚くして妊娠しやすくしてくれ、妊娠後の赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを72%も軽減してくれるもので、現在では不妊治療の専門医だけでなく、国も「妊娠したい人は積極的に」葉酸サプリを摂取するように勧告しています。それだけ葉酸サプリというのは、妊娠したいと思う人にとっては最重要なものなのです。

葉酸は子宮内膜の強化や受精卵を作って守るという子宮内環境を良くする効果があります。葉酸は、不妊治療中の女性のみでなく、男性にも飲んで頂きたいサプリメントです。葉酸が不足していると精子の染色体に異常が起こる確率が高くなると言われています。

参考元:体外受精・顕微授精の不妊治療専門 とくおかレディースクリニック

これから不妊治療の病院へ行こうとお考えのあなたに、是非大切にして欲しいこと。

それは「排卵したチャンスを逃さない」ことです。

排卵しても着床しなければ妊娠は出来ません。着床するには子宮内膜がふかふかな状態になっていなければいけないのです。

妊活中の人は日頃から葉酸サプリをきちんと摂取して子宮内膜をふかふかにしておくことを忘れないようにしてください。これから出会える赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減するためにも、子宮内膜のためにも、妊娠したいと強く願う方にとっては葉酸サプリは何より重要なもののひとつになってきます。

不妊治療も欠かさず葉酸を摂取していた私は、現在では幸いにも妊娠出産し元気な赤ちゃんを授かることができましたが、葉酸サプリはただ飲めばいいわけではありません。

妊娠するために最適な葉酸サプリを飲まなければ意味がないのです。

もしも、いま飲んでいらっしゃる葉酸サプリを真剣に選んでいなかった方、もしくは実はまだ葉酸サプリを飲んでいなかった・・・という方は実際に不妊治療をして出産できた私が妊娠するのに大切だと実感した葉酸サプリの選び方をご覧いただければと思います。選び方だけではなく、不妊治療中、私が実際に飲んでいた葉酸サプリについても少しだけお話しています。



ひよこいキャンパス終了のチャイム

※ひよこいキャンパスは、妻のひよこいが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の不妊治療による妊活中の経験から学んだことをもとに作られています。みなさんの判断のもとご参考にして頂ければ幸いです。

  • LINEで送る
葉酸サプリの教室ただいま開講中

1 / 11

このページの先頭へ