>>【ただいまアクセス急上昇】矢沢心さん東尾理子さんも著書で語るほど実感した、妊娠したい人に必ず必要なものとは?<<


排卵誘発剤クロミッドを飲むのが不安で怖い

  • LINEで送る

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を飲むのが不安で怖い・・・

不妊治療を始めたばかりの人や、排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)を飲み始める前や、飲み始めてから体調の変化を感じることがあると不安で怖い気持ちを抱く人が多いと思います。

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)による副作用を整理して不安で怖い気持ちを少しでも解消し、上手に妊活ライフをはじめましょう!

排卵誘発剤クロミッドを飲むのが不安で怖い

※ひよこいキャンパスは、多嚢胞性卵巣症候群の不妊治療による妊活を経験した妻のひよこいがナビゲートします♪

こんにちは!多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の不妊治療による妊活をしていた、ひよこいです。

あなたは、排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を飲むのが不安で怖い・・・と感じたことはありませんか?

不妊治療を始めると、排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を処方されるケースは多いと思います。

私も排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を処方されたときは、どんな薬なんだろう、副作用は大丈夫なのかなと、少なからず不安で怖いという気持ちを抱いたことがあります。

初めての妊活や不妊治療でも不安で怖い気持ちになり過ぎないように、排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)についての不安で怖い気持ちを取り除いていきましょう。

ここでは、私が多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の不妊治療による妊活中に学んだ排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)が不安で怖い原因をお話していきたいと思います。

この「ひよこいキャンパス」を読んでいただければ、不妊治療による妊活の末、妊娠することができた私と同じだけの妊活知識について知っていただけると思います。

それではひよこいキャンパス、排卵誘発剤の教室補習編「排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)を飲むのが不安で怖い」のはじまりです!

ひよこいキャンパス開始のチャイム

スポンサーリンク

不安で怖い?排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)ってどんな薬?

クロミッドってどんな薬?

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)は、脳の下垂体に作用して間接的に卵巣を刺激する効果のある種類の飲み薬です。作用が比較的弱く副作用リスクもほかの排卵誘発剤に比べると弱いため、不妊治療や妊活の現場で広く使われています。

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を飲むことで卵を育ちやすくする効果があるため、自力では卵胞が育ちにくい人によく使われています。

最初は服用する量を増やして卵胞を育てるようにしていきますが、それでも効かなくなってくると排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)の服用をやめて違う方法を探っていくことになります。

排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)を飲むのが不安で怖いのぴよぴよタイム!

排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)は卵胞を育てるのを助けてくれるお薬なんだね!

不安で怖い気持ちを感じる人もいるとは思うけど、卵胞が自力では育ちにくい人にとっては、心強い見方になってくれる可能性が高いお薬なんだよ。

スポンサーリンク

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)が不安で怖いと思う主な理由

排卵誘発剤クロミッドを飲むのが不安で怖い理由

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)が不安で怖いと感じるよくある理由には以下の3つがあります。


ケース1.多児妊娠する可能性が高い?だから不安で怖い!

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を飲むと多児妊娠する可能性があるというのは事実です。しかし必ず多児妊娠になるわけではなく、むしろ多児妊娠しない可能性のほうが高いです。

統計的には、排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を飲んで妊娠した場合、およそ5%くらいの確率で多児妊娠が起こるといわれています。20人に1人位のイメージですね。

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を飲むと多児妊娠する可能性が高いといわれるのは、クロミッドなどを服用せずに自然に妊娠した場合の多児妊娠の確率は1%程度ですので、それに比べると高いということです。

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)の副作用として多児妊娠の確率があがることは事実ですが、20人に1人位の割合ですので、20人のうち19人は排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を服用しても多児妊娠にはならないともいえます。


ケース2.クロミッドを飲むと太る?だから不安で怖い!

排卵誘発剤ククロミッド(セロフェン、クロミフェン)の直接的な副作用として太るということはありません。ただし、服用中はホルモンバランスが服用前と変わるため、身体が脂肪を溜め込みやすくなったりすることは考えられます。

もともといくら食べても太りにくかった人が排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を飲むと太ると感じることがあるのは、こうした要因も考えられます。

また、排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を服用中は食欲がなくなったりするケースがあるため、食欲不振がおさまったあとに一気に食べ過ぎてしまうことが原因で結果的に太りやすくなってしまうことも考えられます。

いずれの場合も、排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)を飲んだから太るのではなく偏食やカロリーの取りすぎが直接的な太る原因になりますので、排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)を服用するときは、カロリーオーバーにならないように気をつけたり、毎食なるべくバランスよくたべるよう工夫するとよいでしょう。

そのほかにも日頃から運動する習慣を持ち身体の基礎代謝をあげることで太りにくい身体をつくることも大切なポイントです。


ケース3.卵胞が3つも4つも育ってしまったけど4つ子になっちゃう!?だから不安で怖い!

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を服用したらと卵胞が3つも4つも双子じゃなくて、三つ子四つ子が生まれちゃうんじゃないかと少し心配になることもあると思います。

子供が出来るのはとても嬉しいことですが、一気に3人、4人だときちんと出産できるのかはもちろんのこと、家計の心配も重なりちょっと不安になるのは自然なことです。

しかし、卵胞が3つや4つなど多く育っても、それが全て排卵されるわけではありません。

仮に卵胞が3つや4つ育ちそれが全て排卵されたとしても、その全てに精子がたどり着くのは相当低い確率です。

そして仮に精子が全ての卵子にめぐりあい、受精卵になったとしても3つや4つの受精卵が子宮内膜にたどり着き着床できるのは更に低い確率ではあります。

もちろん3つ4つ卵胞が育ち、全てが排卵した場合、3つ子や4つ子になる可能性はゼロではありませんが、このように、それは極めて稀なケースなのです。

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を飲むと卵胞が一気に3つや4つなど多く育つことはよくあることですので、過度な心配はいまの段階ではする必要はないでしょう。

クロミフェン周期では、多胎発生率が日本人では4.5%と低値で、そのうち双胎が96%、三胎が4%と報告されております。

引用元:公益社団法人日本産婦人科医会

公益社団法人日本産婦人科医会の報告では、クロミッドの服用で双子になる確率は4.5%で三つ子になる確率はそのうちの4%なので

双子になる確率は4.5%
三つ子になる確率は0.18%

程度ということになります。

このデータからはクロミッドを飲んで三つ子になる可能性は1000人に2人弱ということになりますので、数字上もかなり低いということがわかると思います。

排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)を飲むのが不安で怖いのぴよぴよタイム!

不安で怖い原因は「わからない」ことからきているんだよね。

こうして、多胎妊娠の可能性はこのぐらい、三つ子の可能性はこのぐらいと具体的に不安を調べていくと少しずつ心の中の不安が落ち着いてくるよね。

排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)は出来るだけ早く妊娠をするための方法論のひとつ

クロミッドの不安で怖い気持ちをやわらげるには

クロミッドは排卵誘発剤の中では、副作用のリスクが少なく比較的安心して使いやすい薬です。

もちろん排卵誘発剤を使わずに排卵が出来れば一番いいと誰でも思うと思いますが、ご自身の年齢や体質などによっては、クロミッドを使用したほうが排卵しやすいことも多いです。

妊娠は高齢になるほど確率が下がり、また子供の健康リスクも増加してきてしまいます。

クロミッドは出来るだけ早く妊娠をするために、必要な方法論のひとつですので、過度に不安で怖い気持ちを抱きすぎずにきちんと医師の説明を聞き、不明点はそのままにせずに医師とコミュニケーションをとることも大切にしてください。

不妊治療はわからないことが多いので不安で怖い気持ちが出る場面が多いです。そういうときには自分は何が不安で怖いのかを整理し、それをひとつひとつ夫婦で解決していくことが、自分の身体も心も安心できることにつながっていきます。

受身になるのではなく、自分なりに学びながら、自分が出来ることも主体的に取り組むことで少しでも不安で怖い気持ちをなくし、一歩一歩前に進んでいくことが大切だと思います。

排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)を飲むのが不安で怖いのぴよぴよタイム!

クロミッド(クロミフェン)は排卵誘発剤のなかでは副作用が弱い使いやすい薬なんだよ。

排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)は妊活や不妊治療の現場でよく使われるスタンダードなものだから過度な心配はしずぎず、どうしても不安で怖いと感じるところは自分で調べたり医師に相談するようにしましょう♪

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を飲むのが不安で怖いまとめ

排卵誘発剤クロミッドを飲むのが不安で怖いまとめ

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を飲むのが不安で怖いと感じてしまう原因は、多胎妊娠への不安や太ることへの不安がよく聞かれます。

確かに排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)は、全く副作用がない薬ではないので、きちんと薬の特徴を理解しておく必要はあります。万が一、排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)を服用しだして、体調が悪くなった場合はすぐに服用をやめて、医師に相談するようにしてください。

排卵誘発剤クロミッド(セロフェン、クロミフェン)は比較的副作用の弱い薬ですが、個人個人の体質によっては合う合わないというのはあります。身体に合わない場合は、医師が別の方法で卵胞を育てることも考えてくれますので、担当の医師の言われるままにするのではなく、きちんとコミュニケーションをとることが大切です。

ご自身の状態や身体の変化をきちんと把握し、それを医師に伝えることで医師も別の方法を検討しやすくなりますよ。


排卵誘発剤クロミッド(クロミフェン)を飲むのが不安で怖いまとめ

  1. クロミッドは排卵誘発剤の中では副作用が弱い使いやすい薬
  2. 不安を解消するには調べること、自分で出来ることを探すこと
  3. 不妊治療や妊活は医師とのコミュニケーションが大切です。
  4. 万が一、体調が悪くなったときは服用を止めて、違う薬で卵胞を育てる方法を医師と相談しましょう。

「排卵誘発剤クロミッドを飲むのが不安で怖い」の補習はおしまいです♪最後にクロミッドを服用していた私が妊娠するために大切にしていたことをお話します♪


さいごに…クロミッドを服用するなら、間違った葉酸サプリを飲まないことが大切

最後に少しだけお話しするのが、クロミッドを服用している人には知っておいて頂きたい、葉酸サプリについてです。

クロミッドを服用されている方なら、既に葉酸サプリの重要性をご存知かと思いますので、飲んでいない人はおそらくいらっしゃらないはずです。

葉酸サプリは子宮内膜を厚くして妊娠しやすくしてくれ、妊娠後の赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを72%も軽減してくれるもので、現在では不妊治療の専門医だけでなく、国も「妊娠したい人は積極的に」葉酸サプリを摂取するように勧告しています。それだけ葉酸サプリというのは、妊娠したいと思う人にとっては最重要なものなのです。

葉酸は子宮内膜の強化や受精卵を作って守るという子宮内環境を良くする効果があります。葉酸は、不妊治療中の女性のみでなく、男性にも飲んで頂きたいサプリメントです。葉酸が不足していると精子の染色体に異常が起こる確率が高くなると言われています。

参考元:体外受精・顕微授精の不妊治療専門 とくおかレディースクリニック

また、クロミッドは排卵させやすくしてくれる効果がある反面、子宮内膜を薄くしてしまい妊娠しにくくなる副作用がありますので、クロミッドを服用されている方にとっては葉酸サプリは何より重要なもののひとつになってきます。

私も妊活中からずっと葉酸サプリを摂取した結果、妊娠出産することができましたが、葉酸サプリはただ飲めばいいわけではありません。

妊娠するために最適な葉酸サプリを飲まなければ意味がないのです。

もしも、いま飲んでいらっしゃる葉酸サプリを真剣に選んでいなかった方、もしくは実はまだ葉酸サプリを飲んでいなかった・・・という方は実際にクロミッドを服用していた私が妊娠するのに大切だと実感した葉酸サプリの選び方をご覧いただければと思います。選び方だけではなく、不妊治療中、私が実際に効果を実感した葉酸サプリについても少しだけお話しています。



ひよこいキャンパス終了のチャイム

※ひよこいキャンパスは、妻のひよこいが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の不妊治療による妊活中の経験から学んだことをもとに作られています。みなさんの判断のもとご参考にして頂ければ幸いです。

  • LINEで送る
葉酸サプリの教室ただいま開講中

1 / 11

このページの先頭へ