>>【ただいまアクセス急上昇】矢沢心さん東尾理子さんも著書で語るほど実感した、妊娠したい人に必ず必要なものとは?<<


静岡県静岡市静岡市立清水病院の産婦人科での妊娠出産口コミ

  • LINEで送る

静岡県静岡市静岡市立清水病院の産婦人科での妊娠出産口コミ

※ひよこいキャンパスは、多嚢胞性卵巣症候群の不妊治療による妊活を経験した妻のひよこいがナビゲートします♪


ひよこいキャンパスでは、全国の産婦人科の口コミ体験談をご紹介しています。これから初めての妊娠などで産婦人科に行こうと考えている方はよろしければ参考になさって下さいね♪


ニックネームまりちゃんまんさんから、お寄せいただいた静岡県静岡市静岡市立清水病院の産婦人科での妊娠出産口コミ体験談をご紹介します。


スポンサーリンク

どちらの産婦人科を利用して、出産をしましたか?

静岡県静岡市静岡市立清水病院の産婦人科

住所:〒424-0911 静岡県静岡市清水区宮加三1231
電話番号:054-336-1111
URL:http://www.shimizuhospital.com/


静岡県静岡市静岡市立清水病院の産婦人科にいつごろ来院されましたか?

2015年1月


静岡県静岡市静岡市立清水病院の産婦人科での出産に掛かった費用(分娩費用と退院までの入院費の合計)を教えて下さい。

〜40万


静岡県静岡市静岡市立清水病院の産婦人科を利用し出産をした理由を教えてください。

育児金のみで分娩費用を抑えたかったので、総合病院であるこちらの清水病院を選びました。

途中、やはり個人病院特有の、ホテルのような食事やデザート、室内にシャワーやトイレのある部屋などに目移りしましたが、妊娠9ヶ月に入る時に、妊娠糖尿病だと診断されてしまい、結果的に良かったです。

出産の時に何も問題を指摘されなくても、もしかしたら、という事もあると思います。自身に何かあった場合だけでなく、小児科もあるので、子供になにかあった場合の事も考えたら、総合病院がいいと思います。


スポンサーリンク

静岡県静岡市静岡市立清水病院の産婦人科の体験談と感想を教えてください。

私は妊娠中になんと30キロも体重を増やしてしまいました。通院している時に主治医の先生から、妊娠糖尿病+肥満で、ハイリスク妊婦だと言われ、最悪の場合こんな事もある、というお話を何度も聞かされ、子供になにかあるのではないかと不安になりました。

しかし何事もなく無事に出産を終えて、先生にとても感謝しています。先生もお仕事で、無いに越した事は無いが、万が一何か怖い事があった時に何も説明されていないと言われると困るそうです。

確かにそういった場面では、原因を他人になすりつけたくなるものですが、先生だって人間です。

例えば本人から帝王切開は嫌だから絶対しないでくれと頼まれて出産に臨み、自然分娩で何か障害が残ってしまった場合、どうして帝王切開にしてくれなかったのだと責め立てられたり、説明したのに聞いていないと言われたりしたら傷つきます。

他の病院で、裁判沙汰になったこともあるそうです。私からしたら、人間のモラルを感じざるを得ませんが、実際にそういった方もいるのが現実です。

なるべくそういったトラブルがないよう、出産前に色々と説明するそうです。なので、無事に何事もなく出産を終えたら、何だよ○○先生の奴、びっくりさせやがってー、と思ってくださいねと言われました。そういった説明や、態度、先生や看護師さんの人柄なども含めて、この病院は良かったなと思います。

入院中の食事は、私は妊娠糖尿病だったので管理食でしたが、それでも素材の味が生きていて美味しかったです。毎回オレンジなどの果物も出ます。他のママさん達は、3時になるとおやつと紅茶などが出ていました。羨ましかったです(笑)

お風呂やトイレは共用ですが、毎日ちゃんと清掃員さんが清潔にしてくれていたので、嫌な思いはしませんでした。

あと、入院中に、沐浴や産後の生活の指導などがあり、希望者だけですが(ほとんど全員参加していました)、お話を聞く事もできました。母子同室ではありませんが、9〜21時だったかな?お部屋に赤ちゃんを連れて行く事もできるので、お見舞いに来てくれる時に部屋に連れて来る事も出来ますし、授乳に慣れたら、部屋で授乳OKになったので、私はほぼ1日中同室にいられました。


スポンサーリンク

妊娠前や妊娠中に赤ちゃんの為にご自身で取り組んでいたことやどんなサプリを飲んでいたかについて教えてください。

妊娠初期は吐きつわりがひどく、担当医から、食べられる物を食べられるだけ食べて下さいとの指示があり、そのようにしていました。

その後中期に入り、今度は食べつわりと眠りつわりになり、食べたい物を食べられるだけ食べて、すぐ布団に入る生活を繰り返していたら、分娩前までに体重が30キロも増えてしまいました。

今は産後ダイエットに勤しみ、やっと半分戻したところです。妊娠中から少し運動しておけば良かったなと後悔しています。しかし、妊娠糖尿病と診断を受けて、栄養計算をしながら食べていたら、体重は増えなかったので、食事がいかに大切かが身にしみて分かりました。


体験談は以上になります。最後に不妊治療を経て妊娠出産できた私が妊娠するために大切にしていたことをお話します♪


さいごに…妊娠したかもと思ったら、間違った葉酸サプリを飲まないことが大切です

最後に少しだけお話しするのが、妊娠検査薬の陽性反応を見て、妊娠したかもと思っていらっしゃる人には知っておいて頂きたい、葉酸サプリについてです。

妊娠中で一番重要視しなければいけないのは、赤ちゃんが元気に生まれてきてくれる生活をすることですが、これから授かる赤ちゃんが元気に生まれてくるために大切なのは、葉酸サプリをしっかり飲む事だってご存知でしたか!?

以前の私のように不妊治療などをしていた方なら、既に葉酸サプリの重要性をご存知かと思いますので、飲んでいない人はほとんどいらっしゃらないと思いますが、葉酸サプリは妊娠したい女性は積極的に摂取するようにと、厚生労働省が勧告をしているくらい重要なもので、これだけは妊娠したかもと思ったら最低限はじめたほうがいいものなんです。

諸外国でも日本においても神経管閉鎖障害のリスク低減の観点からは、食事からの葉酸に加えて栄養補助食品からの葉酸を摂取するよう勧告されています。

引用元:葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果(厚生労働省運営のe-ヘルスネットより)

というのも・・・妊娠初期に葉酸サプリを積極的に摂取しておくだけで、赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを72%も軽減してくれるんです。

妊娠したかもと思ったら、一番最初に始めたほうがいいのが葉酸サプリをしっかり飲むこと。子供が生まれてからでは遅いんです。子供が欲しいと思ったとき、子供が出来たかもと思ったときが葉酸サプリを飲み始めるのに最も適したタイミングなんです。

それだけではありません。

葉酸は子宮内膜を厚くしてくれて、妊娠を継続しやすい身体作りをサポートしてくれます。そのような背景があり、国だけでなく妊娠のプロである不妊治療の専門医の先生達も、葉酸サプリは妊娠したいなら必ず摂取するように呼びかけているんです。

葉酸は子宮内膜の強化や受精卵を作って守るという子宮内環境を良くする効果があります。葉酸は、不妊治療中の女性のみでなく、男性にも飲んで頂きたいサプリメントです。葉酸が不足していると精子の染色体に異常が起こる確率が高くなると言われています。

参考元:体外受精・顕微授精の不妊治療専門 とくおかレディースクリニック

葉酸は妊娠を考えはじめた時から服用しましょう。

参考元:浅田レディース名古屋駅前クリニック

葉酸は子宮内膜を厚くして妊娠を継続しやすくしてくれ、妊娠後の赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを72%も軽減してくれるもので、現在では不妊治療の専門医だけでなく、国も「妊娠したい人は積極的に」葉酸サプリを摂取するように勧告しています。それだけ葉酸サプリは、妊娠中に重要なものなのです。

葉酸は子宮内膜の強化や受精卵を作って守るという子宮内環境を良くする効果があります。葉酸は、不妊治療中の女性のみでなく、男性にも飲んで頂きたいサプリメントです。葉酸が不足していると精子の染色体に異常が起こる確率が高くなると言われています。

参考元:体外受精・顕微授精の不妊治療専門 とくおかレディースクリニック

これから妊娠したかもと思って産婦人科の病院へ行こうとお考えのあなたに、是非大切にして欲しいこと。

それは「元気で健康な赤ちゃんを産む努力をする」ことです。

不妊治療も欠かさず葉酸を摂取していた私は、現在では幸いにも妊娠出産し元気な赤ちゃんを授かることができましたが、葉酸サプリはただ飲めばいいわけではありません。

元気な赤ちゃんのために最適な葉酸サプリを飲まなければ意味がないのです。

もしも、いま飲んでいらっしゃる葉酸サプリを真剣に選んでいなかった方、もしくは実はまだ葉酸サプリを飲んでいなかった・・・という方は実際に不妊治療をして出産できた私が元気な赤ちゃんのために大切だと実感した葉酸サプリの選び方をご覧いただければと思います。選び方だけではなく、不妊治療中、私が実際に飲んでいた葉酸サプリについても少しだけお話しています。



ひよこいキャンパス終了のチャイム

※ひよこいキャンパスは、妻のひよこいが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の不妊治療による妊活中の経験から学んだことをもとに作られています。みなさんの判断のもとご参考にして頂ければ幸いです。

  • LINEで送る
葉酸サプリの教室ただいま開講中

1 / 11

このページの先頭へ